外貨預金とFX

外貨預金は、日本の通貨である円と外国の通貨とを交換して預金を行い、その高い金利を求めていくことを目的とした金融商品になります。

一方のFXは、世界中の国や地域で使用されている通貨を、二つ一組の通貨ペアとして銘柄にし、この通貨ペアを互いに売買していきながら、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、その為替差益を求めていくことを目的とした金融商品になります。

この二つには、それぞれの投資の要として通貨を利用しているという共通点があり、その仕組みは非常に似ているものとなります。

例えば、外貨預金は基本的に円と交換した外貨の、高い金利を求めていくものになり投資期間は比較的に長めになりますが、FXでも二つ一組の通貨のそれぞれに設定されている金利を利用し、金利の低い通貨を利用して金利の高い通貨を買い、これを長期間保持することによって、日ごとの集計で発生する二つの通貨の金利の差であるスワップポイントと呼ばれるものを利益としていく投資方法があります。

一方の外貨預金でも、為替相場の変動を利用して、日本円の高い相場の時にたくさんの外貨へと交換をしておき、為替相場が円安の方向に変動したら、たくさん交換した外貨を円に戻すことによって、投資した金額よりも大きな金額を受け取るという方法で、より大きな利益を出すことも可能となっているのです。

このように、非常に類似した部分を持つ外貨預金とFXですが、基本的に外貨預金は長期的な投資を目的とした商品であるのに対し、FXは短期の売買取引を目的とした商品であるという部分に違いがあります。

外貨貯金は、多くの銀行などで取り扱いがされており、ネット銀行などでも取引を始める事ができるために投資を行える機会が多く、資産を外貨にして持つ事によってそこから利益が得られることはもちろんですが、日本国内の経済状況が不安定になったとしても、がいかにしてある資産にまで害が及ぶ機会が少なく、またあったとしても小規模になることから、資産の保全を図ることができるという利点があります。

これに対しFXでは、自らの資産を積極的に運用することが可能で、為替相場のレート変動を利用した投資取引を活用することによって、短い期間で大きな利益を得ることも可能となっています。
また、投資をするための資金も数千円程度から始める事が可能であり、まとまった大きな資産がない場合でも投資を行って利益を積み上げていくこともできるという特徴があります。

このように、同じような仕組みを持つ金融商品であり、また同じような資産運用ができる外貨貯金とFXですが、投資の目的によって大きな違いがありますので、自らの投資の目的や状況などに合わせて選択していくのが良いでしょう。