オススメの通貨

外貨預金は、日本の円を外貨に換えて預金を行い、その通貨の金利を受け取ることで資産を運用していく金融商品になります。

こうした特性から、どの国の通貨を利用するのかによっても、その投資の効果が変わってくるという特徴があり、外貨預金を行うのであれば様々な国の通貨の特徴を理解しておき、検討をする必要があります。

まずは、外貨預金に向いている通貨の条件はなんであるのかを考えていくと、オススメの通貨を考えるのが簡単になります。

外貨預金を行う目的は、その通貨の持つ金利の大きさになりますので、金利の大きな通貨を選ぶのが良いでしょう。

現在の日本の金利は世界の中でも極めて低いものとなっていますので、基本的にはどこの国の通貨であっても金利による利益を得る事ができますが、一般的に先進国の通貨の金利は低めに設定されている事が多くなっています。

また、逆に金利の高く設定されている通貨を持つ国は、現在進行の形で国の経済が強い成長期に入っている通貨は、その成長力を高めるために高い金利を設定していることが多く、こうした成長期にある新興国などでは、一般的に通貨の金利が高くなっています。

このほかには、国土に天然資源などが豊富にあり、これらを輸出することで国の経済を支えている資源産出国などの通貨は高い金利の設定を持っていることも知られています。

金利以外の面では、外国為替市場における為替相場の変動が、少ない通貨を選ぶことも必要になってくるでしょう。
日本の円とその国の通貨の為替相場の変動が、極端に大きく上下するような通貨では、外国の通貨から日本の円に交換をする際に、その価値が大きく下がってしまい、損失をこうむってしまう為替リスクに遭遇することも考えられるからです。

こうした事から、通貨の価値が一定の水準にある安定した通貨を選ぶのが良く、その国の経済状況や政治動向が安定している国の通貨は、外国為替市場の市場参加者にも人気が高いために、その相場レートの動向も落ち着きやすくなります。
また、通貨の流通量や取引量が多い通貨といったものも、為替相場が安定しやすくなっているために、外貨預金には向いているといえるでしょう。

実際の外貨では、世界で一番の流通量があるアメリカの米ドル、アメリカに次ぐ規模を持つヨーロッパ地域のユーロは人気の高いものになります。

また、資源産出国であり政治的にも落ち着いているオーストラリアのオーストラリアドル、同じく気資源産出国であり、高い金利を持つ南アフリカの南アフリカランド、政治的にも経済的にも安定し金利も高目に設定されているカナダのカナダドルなども外貨預金に向いている通貨と言え、こうした通貨が銀行などで多く銘柄として用意されているのです。