外貨預金の安全性

外貨預金は、日本の円を外国の通貨である外貨に交換して預金することで、その金利などを利益として求めていくとうしになり、投資である以上はそこにリスクが潜んでいるという事を忘れてはいけません。

外貨預金を行う際のリスクで最も起こりやすいものは、為替相場の変動により預けた資金の価値が下がってしまい元本割れを起こし、再び円に戻した時には、最初よりも少なくなってしまったという事でしょう。

しかしこれは、為替相場の変動によるものですので、ケースによっては為替相場の変動によって、予定していた金利の利益よりもはるかに大きな金額に上乗せされて戻ってくるということもあるため、逆にメリットとしても捉える事ができるのです。

この辺りは同じように外貨を利用した為替相場の投資取引であるFXと同じものであると考えられるため、投資を行う以上は、当然考えに入れるリスクと言えるでしょう

外貨預金の本当のリスクは、こうした部分にはなく、まさにその安全性がどうかという部分に焦点を当てて考えなくてはなりません。

外貨預金は、預金という名前になっていますが、実は預金ではなく金融商品であるため、これを取り扱っている銀行が経営破たんなどを起こした場合には、ペイオフの対象にならず、預けている投資金額のすべてが失われる可能性があるのです。

ペイオフとは、銀行などの金融機関が経営破たんなどをし、預金者に対してその償還が行えなくなった場合などに、預金保険機構が預金者を保護しその預金を守るものになります。
金融機関はこの預金保険機構に加入をしており、これにより、預金者の預金は預金保険制度によって一定額が保護されることになっています。

保護される金額は、一つの系列の金融機関につき、預貯金者のひとりごとに1000万円までの元本とその利息が対象として保護されます。
1000万円を超える預金部分については、破たんした銀行に残された財産が分配されることになり、その分量によって変わってくる事になります。

このように、銀行の普通預金や定期預金などの預金であれば、仮に経営が破たんしたとしても、一定の保護が受けられるのですが、外貨預金は金融商品であるために預金保険制度の保護外障害となっています。

このために、仮に銀行が経営破たんを起こした場合などは、預金のように一定額でも償還されるという保証は一切なく、銀行に余剰財産などがあった場合などに、いくらかの投資金が戻ってくるかもしれませんが、そうした保証は一切ないのです。

外貨預金を行う際には、こうした部分に関してもよく考慮をしたうえで、投資を行うかどうかの判断をするべきでしょう。