外貨預金の手数料

外貨預金は、外国の通貨を利用して高い金利などを得る金融商品で、銀行などから簡単に行うことができるために、人気を集めている資産運用法になります。

外貨預金では二種類の方法で利益を得る事ができ、そのうちの一つは外貨に設定されている高い金利になります。

長きにわたり日本の金利はとても低い状態で推移をしており、今後もそれほど上がらないであろうという事が多く言われていますが、海外に目を向ければ様々な国の通貨があり、その通貨には日本とは比べ物にならないような大きな金利が設定されています。

外貨預金では、日本の円をこうした金利の高い外国の通貨と交換し、これを預金することによってその金利を利益として受け取ることを大きな目的としているのです。

また、日本の円を外貨に交換しているために、為替相場の変動によって大きな利益を出すことも可能になっています。

通貨と通貨を交換する際には、その交換のレートが存在し、その交換レートは外国為替市場の為替相場のレート変動を参考にして決められています。
外国為替市場は月曜日の早朝から土曜日の早朝までの間、24時間常に市場が開いており売ない取引が行われているために、そのレート変動も休むことなく変動し続けているのです。

こうしたことから、日本円を外貨にしそれを再び日本円に戻した際に、レート変動の状態によっては大きな為替差益が出ることになるのです。

外貨預金ではこの二つの方法によって利益を出すことができますが、資産運用を考えた場合には、上げられた収益からそれを上げるために必要としたコストを差し引いた利回りの高さが求められます。

外貨貯金でコストになるものは手数料になり、円を外貨に換える場合と、外貨を円に戻す場合にこの手数料がかかることになり、これが外貨預金での利益の足を引っ張ることもあるのです。

この外貨預金にかかる手数料は、実は外貨預金という金融商品を提供している銀行によって大きな違いがあり、どの銀行を利用するのかによって、外貨預金の利益も全く違うものになることがあります。

外貨預金については、手数料が高く銀行にただ資金を吸い取られるだけのものであるという評価も多いのですが、最近ではそうした状況も変わりつつあります。

確かに現在でも大手銀行などの外貨預金では、高い手数料であるために、外貨預金の利益を圧迫し、外貨としての金利は大きいものの手数料を差し引いた実際の利回りでは低いものが多かったのですが、ネット銀行などでは、この手数料が10分の1ほどに抑えられているものもあり、外貨の大きな金利を弱めることなく利益にすることが可能となってきているのです。